コンテンツへスキップ

“The issue of how the Science Council of Japan should be” is now to be settled

[Japanese] https://i-rich.org/?p=1833

Tsukasa Shirakawa

It was announced that the Government has decided to change the status of the Science Council of Japan from the current national organ to an independent organization with corporate status by Chairman Matsumura of the National Public Safety Commission during a press interview held on December 22, 2023. The pending issue since the Suga Yoshihide Cabinet refused to appoint part of members in December 2020 has now begun to move toward a certain resolution.

The Science Council of Japan has conflicted with the Government over the selection of its members many times. The Council is a national organ and the power to appoint its members belongs to the Prime Minister. However, the Council has never accepted having their recommended candidates rejected. So, if the Council is to be independent from the State, its membership selection will be up to the Council and there will be no more conflict.

The Science Council of Japan has been receiving one-billion yen in support from the Government, but this amount will be reduced from now on. For the time being, the Council will try to vary its financial basis while receiving financial support. At the same time, the Council will consider the system to clarify its management.

The Science Council of Japan has not agreed to the decision, and possibly it will be necessary to accept part of the Council’s opinion regarding the decided change. However, it is very unlikely that the decision itself will be turned over.

The truth about the “appointment refusal issue” and its unexpected fallout  

Prior to the “issue of the appointment refusal” by the Suga Yoshihide Cabinet, it was the then Prime Minister Abe Shinzo that was preparing for the reform of the Science Council of Japan. The two sides clashed two times. The first time was in 2016, when three posts were vacant among the membership, and to fill the vacancy, Prime Minister Abe asked two posts to be filled by the second candidates. The second time was in 2018. Then, out of 11 posts to be refilled, Prime Minister Abe asked one post to be filled by the second candidate. After much tug of war, both cases were settled when the Council gave up refilling the posts.

What we must heed here is that the Science Council of Japan puts up two candidates for each post, but in fact they only recognize the first candidate. The Council pursued this method for decades and fiercely resisted against any attempt to remove the first candidate by the Government, Ministry of Education or related organizations of the Council. Outwardly, there are two candidates for each post, but in fact, it was nothing but the appointment by the Council.

During the semi-selection held every three years to reselect half of the members, the same method has been taken.

During the reselection of members in 2017, following the then Prime Minister Abe’s request, the Science Council of Japan was to recommend 110 candidates for the membership capacity of 105, leaving five for the Prime Minister to refuse. In fact, however, the Science Council of Japan had designated “105 candidates to be appointed” and had no intention to appoint the remaining five nominal candidates.

In the background of the “appointment refusal” incident in 2020, there was a fact that then the Science Council of Japan unprecedentedly recommended exactly 105 candidates.

Plainly speaking, breaking the promise made with the former Prime Minister, the Council daringly challenged the then Prime Minister Suga Yoshihide. In response to the daring challenge, Prime Minister Suga refused “six candidates” beyond the conventional five.

However, this issue brought an unexpected fallout. That is, the connection between the Science Council of Japan and the Communist Party came to be generally known. Prime Minister Suga got exposed to a barrage of criticism from the Oppositions and the mass media regarding this issue. At the same time, both the Science Council of Japan and the Communist Party went on exclusively criticizing the Government, totally forgetting to effectively take care of the largest issue of the moment, the covid 19 pandemic.

The more the Communist Party became concerned about the Science Council of Japan, the more apparently their close relationship became revealed, and the more people came to feel repulsive toward the Science Council of Japan.

Why it is necessary for the Science Council of Japan to be independent from the Governmnet     

The Science Council of Japan stated in a letter dated July 25, 2023, addressed to Minister of State for Special Missions Kobayashi (in charge of scientific technologies policy) that “it is difficult to clearly separate military and civilian study from non-military study. In response to this recognition, most of the mass media reported that “the Science Council of Japan admitted military study.”

As soon as this report appeared, the Science Council of Japan asserted that it maintains the position advocated in 1950. Later, the Council stated again that it is difficult to separate military and civil technologies. Still, it became clear that the Council has no intention to abandon “postwar pacifism.” Even today, the Council is controlled by the postwar pacifist ideology and has no intention to fully carry out its task as a national organ.

From the very beginning of its foundation, the Science Council has consistently maintained that military study may cause a war and publicly stated that the Science Council of Japan shall not engage in military study, three times, in 1950, 1967 and 2017.

However, military-civil technology includes the Internet, AI and drones which are essential for future economic development. Japan falls behind the United States and other countries in these fields and China is beginning to advance further than Japan. Unless both State and civilians work together, Japan cannot cope with the global competition.

In addition, the Science Council of Japan concluded a Memorandum of Cooperation with the Chinese Science Technology Association and has indirect personal exchange with the military science academy directly under the Association and the People’s Liberation Army. If it is to cooperate with the organization, there is a fear lest it should contribute to the Chinese military technology.

While the Science Council of Japan is working cooperatively in Chinese military study, it refuses to be cooperative in Japanese military study. If the Science Council of Japan is such harmful organization toward Japan, it is perfectly natural that it should be independent from the State. We hope that the Science Council of Japan will become independent from the Japanese Government as soon as possible.

[Japanese] https://i-rich.org/?p=1751

President
International Research Institute of Controversial Histories

Sugihara Seishiro

It is said that there are three pillars in the European and American civilizations. They are Greek philosophy, Christianity and Roman law.

Related to Roman law, a proverb says, “Law is to be discovered, but not to be made.” In gist, law is the pursuit of justice.

Under the Chinese civilization, law is a mere tool that those holding power use to rule the people and therefore, those in power may make whatever law they wish and use it in whatever way they like.

European and American laws have been derived from Roman law and ultimately exist to pursue justice. Thereby, the word “right” meaning “correct” also means “privilege.” However, this concept was not based on law, and it was necessary to back it with power. The word “right” refers to “right hand” and represents power. So, it refers to justice backed by power.

Thus, law in the European and American sense exists not at the mercy of an arbitrary power but as an authority by itself. Consequently, law is included in the concept of the “rule of law” or “nomocracy,” and such law governs the present world.

Consequently, under the “rule of law,” various principles came to be born. For instance, when a law is made to impose punishment, the principle of non-retroactivity meaning that the law shall not be applied retrospectively is one of the well-known legal principles.

Under those principles, regarding the relationship between the people and the State, the principle of independence of the three powers (legislative, executive, and judicial) is to be upheld. Through adequate checks and balances among the judicial, legislative, and executive powers, justice and order of law are secured.

Since the Meiji Era, Japan has sincerely learned from European and American judicial systems and endeavored to follow the “rule of law” and has now become a country perfectly observing the “rule of law.” However, recently, within the last few years, incidents occurred, making us apprehensive that the “rule of law” may be collapsing. We can perceive the omen of the collapsing rule of law, which poses a historical crisis of the “rule of law.”

On December 10, 2022, related to the issue of the former Unification Church, the so-called Saving Victims Law, officially, Law on Illegal Solicitation of Donations by Corporations, was enacted.

This law was enacted amid the tumult asking for the dissolution of the former Unification Church. However, in terms of the “rule of law,” whatever rigid law may have been enacted to dissolve the former Unification Church, the application of this law should be limited to the cases after the enforcement of this law. This fact was not fully disseminated by the executive office amongst the tumult. Should this fact been disseminated earlier, such chaotic situation could have been avoided.

Prime Minister Kishida changed his interpretation overnight, stating that civil law can be considered among factors for the dissolution of the Church. As long as change of interpretation on the part of the executive branch is within the range permitted by law, under the “rule of law,” it cannot digress from law. However, without pointing out the principle of the “rule of law,” he suddenly mentioned the change of interpretation as if aiming to further complicate the issue. This is a kind of digression that exceeds the powers allocated to the executive branch.

On June 16, 2023, the so-called LGBT Law, officially, Law on the Promotion of the People’s Understanding of the Diversity about the Sexual Preference and Gender Identity, was enacted by the Diet.

In terms of the “rule of law,” this law lacks “legislative fact” that necessitates the legislation of the law. Under such judicial circumstances, the enactment of such a law may destroy the order that the majority of the people have enjoyed and shake the stability of justice and order of law, leading to the destruction of the people’s peace, security and happiness. As a legislation, such law is digression of the “rule of law.”

On July 11, 2023, the Supreme Court made a decision allowing the plaintiff with gender identity disorder, who works for the Ministry of Economy, Trade and Industry and is married with a wife and child(ren), physically looks like a man, has not undergone the requisite gender reassignment surgery due to health-related reasons and claims to be a woman, to use any women’s restroom within the Ministry.

By this decision, the claim made by the plaintiff with gender identity disorder has been satisfied and as far as this person’s right is concerned, it is protected. On the other hand, as for the majority of female workers at the Ministry, their right to use women’s restrooms in peace and quiet which has been enjoyed so far came to be violated.

In the first place, the Ministry of Economy, Trade and Industry had the person in question to use the restrictively specified women’s restroom within the Ministry but did not prohibit the person from using any of the women’s restrooms.

On the part of the Supreme Court, it is not their mission to directly resolve the inconvenience of the plaintiff. Rather, considering the right of the majority of female workers to use women’s restrooms in peace and quiet, the Ministry restricted the use of women’s restrooms by the plaintiff. Then, the Supreme Court was asked to decide whether this restrictive measure taken by the Ministry against the plaintiff was within the legal range. It is against the justice of the law to destroy the order the majority of people enjoy and violate the rights of the majority.

In addition, if a person in such an unusual situation is to be protected, it is only possible by discussing the issue and making new rules that cover all of those in the same situation. However, it is the work of the Diet to make new rules through discussion.

Judiciary’s task is to decide whether an issue brought up in a lawsuit is legal or not, based on the existing laws, regulations, and customs and through such process, it decides the final interpretation of the respective laws and regulations.

In the judiciary, it is against the “rule of law” to save certain individuals by destroying the order that has been enjoyed by the majority of the people.

The Supreme Court is the highest court in our country, which must endeavor to maintain the importance of the traditional order and ensure the stability of the State.

Thus far, I have pointed out the cases that, if ignored, may lead to the collapse of the “rule of law” on the part of the judicial, legislative, and executive branches and this should be my warning about the possible collapse of the “rule of law.”

[Please refer to this author’s book Basic Theory on Judiciary—Its Structure of the Rule of Law (Published by Kyodo Shuppan, 1973)

国際歴史論戦研究所 上席研究員
澤田健一

はじめに

「アイヌは北方民族である」「アイヌは縄文人の子孫ではない」「アイヌは日本民族ではない」こうした様々な言い方をする人がいるが、日本の根幹を揺るがす事実誤認であり、この事実誤認に基づいた主張は極めて危険な主張である。その過ちを正し、その主張がどのように日本を危機に陥れているのかを解説することにする。

北海道の的場光昭氏は愛国の士として北海道の保守世論を導くリーダーと目されており、その働きには私は敬意を表している。しかし、アイヌ問題だけは完全にミスリードであり、日本を危険な方向に導いていると糾弾せざるをえない。それを本論で説明させていただく。

的場氏の主張の誤り

以前にある人から「YouTube動画『的場塾 第60回 歴史が物語るアイヌの縄文人遺伝子要素』を見たか」[1]との連絡が入った。私は見ていなかったので、すぐに視聴した。その人が「腰が抜けそうになった」と指摘した37分辺りを見てみると、確かに驚く説明がなされていた。北海道のアイヌ人と沖縄人と日本列島本土人とが同じ枝から分かれている図(図1)を使って、「アイヌは縄文人の子孫ではない」という解説がなされているのだ。

図1 日本列島人の形成モデル

この図を正しく読むならば、アイヌも沖縄人も本土人もみな同じ遺伝子の枝から分かれており、みな縄文人の子孫であることを示している。にもかかわらず、図と真逆の説明が平然となされているこの動画を見ると、私も腰が抜けそうであった。

さらにまた、他の人からもこの動画の問題を指摘する連絡が入った。この動画の大部分は被差別民に関する解説である。なぜ被差別民の話が出てくるのかというと、的場氏は江戸時代に本州から大量の被差別民が北海道に渡り、アイヌと混血したと説明しているのである。もし被差別民との多少の混血はあったとしても全員が混血したとはとうてい考えられないし、たとえそうであったとしてもこの結論は明らかに誤っている。

的場氏の解説では、「アイヌは縄文人とは関係のない北方民族である」と説かれているのだが、つまり元々のアイヌは縄文人の遺伝子を持っていないし、そこに被差別民が入り、その混血によって縄文人の遺伝子が混入したと説かれているのだ。ところが現代本土人は縄文人由来の遺伝子は約10%しか保有していない。それに対して現代アイヌは約70%も縄文人由来遺伝子を保有している。[2][3] たとえすべてのアイヌが被差別民と入れ替わったとしても70%という数値にはならない。最大値で10%にしかならないはずである。

これほど被差別民を全面に持ち出したりするのは、極めて不適切であり、かつ深刻な人権問題である。学術的な誤りは正せば済むが、人権的な発言は学術的には正せない問題である。

的場氏の論には他にも多々誤りがあるのだが、あと一点だけ取り上げる。当該動画の36分過ぎに、斎藤成也氏が「アイヌが縄文人の直系の子孫」と言った直後に斎藤氏が「本当はそうではない」と言っているシーンを繰り返し引用して紹介している。つまりこれによって、斎藤氏が「アイヌは縄文人の子孫ではない」と言ったと解説がなされているのだ。

実は私はこの斎藤氏の動画(『遺伝子解析から見た東アジアの民族関係』[4])を以前に見ており、そのシーンを見て大いに違和感をもった。なぜなら、斎藤氏の書籍ではきちんとアイヌを縄文人の子孫だとして解説されているからである。それで不思議に思って斎藤氏に直接、電話をかけて確認してみた。斎藤氏は動画の発言は「100%の縄文人ではない」という意味で言ったとの証言を得た。的場氏にはもう一度斎藤成也氏の著書を読み直して本筋を理解していただきたいと思う。

つまり、的場氏の当該動画では図の意味が真逆に解説され、著者の本意と真逆の解説がされているのであり、これは学術的問題である。同時に、被差別民を安易に利用して説明があるなど、極めて深刻な人権問題も含んでいるといえる。結論として『的場塾 第60回 歴史が物語るアイヌの縄文人遺伝子要素』における主張は不当であり、世論をミスリードするものである。

ロシア関係で見る的場氏の主張の危険

ところで、学術的な誤りはよくある話であり、それは学術論争のなかで時間をかけて解決されていくものであろう。しかし、アイヌに関する問題はそんな悠長なことを言っていられない。そのことを、以下説明する。

 的場氏は、アイヌはもともとアムール川流域に居住していた北方民族であると説いている。それではアイヌはロシア系となってしまい、これにロシアの現大統領プーチンが飛びついた。2018年12月19日付け『北海道新聞』では、ロシアのプーチン大統領は、「アイヌ民族をロシアの先住民族に認定する考えをしめした」と報道した。この流れに沿って、2022年4月7日の『J-castニュース』では、ロシアの政治学者セルゲイ・チェルニャホフスキーが、「東京(日本政府)は、政治的にロシア領であった北海道を不適切に保持している」と主張していると報じたのである。その根拠として北海道に住むアイヌ民族はロシア民族のひとつだと紹介している。翌8日にはロシアのセルゲイ・ミロノフ下院副議長が、「専門家によると、北海道の全権はロシアにある」と発言していると、『Zak・Zak』が報じている。

 驚いたことに、この流れに文部科学省が乗ってしまった。江戸時代までの北海道には日本民族よりも他民族のほうが多く住んでいたので、明治以前の北海道は日本ではなかったとして、指導したのだ。地理で、本州以南を色着けしながら北海道を白地にするよう、教科書検定で指導してしまったことにより、論理的にはもはや北海道は日本固有の領土と呼べなくなってしまったのである。

 そうなると、北方領土問題でも日本は極めて不利な立場となる。択捉も国後も日本民族固有の島ではなくなってしまうのだ。そこに住んでいたのはアイヌであり、それをロシア民族とされると、日本の主張は根底から崩れるのである。それどころかロシアはすでに上述のとおり、北海道の領有権まで主張しはじめているのだ。

 こうした状況を放置していると日本は第二のウクライナになりかねない。実際に2022年11月25日付け『ニューズウィーク日本版』では、「ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた」と報じているのである。これはFSB(注:ロシア連邦保安庁、旧KGB)内通者のメールから判明したとのことであるが、どれほど真実性があるかは分からないものの、そうだとしても看過してはいけないし、ロシアを甘く見てはいけない。

ゲノムから見たアイヌ

2020年8月に発表された東京大学、東京大学大学院、金沢大学が共同で発表した『縄文人ゲノム解析から見えてきた東ユーラシアの人類史』[5]によると、「アイヌ民族が日本列島の住人として最も古い系統であると同時に東ユーラシア人の創始集団の直接の子孫の1つである可能性が高い」とされ、縄文人の系統は「東ユーラシア人(東アジア人、北東アジア人)の”根”に位置するほど非常に古く、東ユーラシア人の創始集団の直接の子孫の1つであった」と説明している。

 つまり、アイヌとは縄文人の子孫であり、したがって日本民族なのであり、もっと詳細にいえば、日本列島の最も古い住人であるのだ。北海道や千島列島には有史以来、日本民族しか住んだことがなく、そこには民族問題など存在しない。それどころか日本民族が東ユーラシア大陸へと進出していったのである。考古学にあってはユーラシア大陸のシベリアには日本の遺跡よりも古い遺跡はない。アムール川中下流域から出土する縄文土器も日本のものよりはるかに新しい。古代人は確実に日本から出かけてシベリアで住み始めたのである。だとすれば、プーチンの論法に従うならシベリアこそ日本の領土なのだ。

 確かに、夷、蝦夷は中央政権と対立し、それを征するために征夷大将軍が日本の政権を担ってきたのだが、征夷大将軍の幕府政権と夷は日本史を表裏一体となって織りなしてきたのである。そこにロシアが口を挟む余地など寸分もない。日本民族を分断しようとする工作には絶対に乗ってはならないし、保守派はこの見識を共有して一体となってロシアと対抗しなければならないのである。そのためにはアイヌについて間違った主張をしてはならない。

[1]的場光昭You Tube『的場集中講座第8回近・現代アイヌに紛れ込んだ縄文人DNA』(2024年2月)https://www.youtube.com/watch?v=B7cc9OtqPo4

 私のこの「論考」は的場氏のこの動画を直接に批判するものなので、この動画を以下のように直接貼りつけておきたい。日本語による動画なので、この「論考」の英語版を読む人にとっては十分に理解できないものとなるが、悪しからず了解していただきたい。
(筆者最終アクセス日2024年4月27日)

[2]『日本経済新聞』2019年5月13日「縄文人の起源、2~4万年前か 国立科学博物館がゲノム解析」

[3]Hideaki Kanzawa-Kiriyama, Timothy A. Jinam, Yosuke Kawai, Takehiro Sato, Kazuyoshi Hosomichi, Atsushi Tajima, Noboru Adachi, Hirofumi Matsumura, Kirill Kryukov, Naruya Saitou, Ken-ichi Shinoda, Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan, Anthropological Science, 論文ID 190415, 公開日 2019/05/29.

[4]斎藤成也You Tube動画『遺伝子解析から見た東アジアの民族関係』(2021年6月)
https://youtu.be/nb5euntzGa0

この動画も日本語の動画なので、この私の「論説」の英語版のみを読む人にとっては十分に理解できないが、この動画の一部が(20分過ぎのところ)切り取られて、注1の的場氏の動画で紹介されている。しかしそれは斎藤氏の言う意味と逆になって紹介されている。

なお、斎藤氏には同趣旨の著書として、斎藤成也『DNAでわかった日本人のルーツ』(別冊宝島 2016年)や『核DNA解析でたどる日本人の源流』(河出書房 2017年)などがある。
(筆者最終アクセス日2024年4月27日)

[5]Takashi Gakuhari, Shigeki Nakagome, Simon Rasmussen, Morten E. Allentoft,Takehiro Sato, Thorfinn Korneliussen, Blánaid Ní Chuinneagáin, HiromiMatsumae, Kae Koganebuchi, Ryan Schmidt, Souichiro Mizushima, Osamu Kondo,Nobuo Shigehara, Minoru Yoneda, Ryosuke Kimura, Hajime Ishida, Tadayuki Masuyama, Yasuhiro Yamada, Atsushi Tajima, Hiroki Shibata, Atsushi Toyoda,Toshiyuki Tsurumoto, Tetsuaki Wakebe, Hiromi Shitara, Tsunehiko Hanihara, Eske Willerslev, Martin Sikora, Hiroki Oota, Ancient Jomon genome sequence analysis sheds light on migration patterns of early East Asian populations, Communications Biology 2020.

2024年4月
国際歴史論戦研究所 ゲスト・フェロー 宮本富士子

【英語版】https://i-rich.org/?p=1971

韓国語と日本語の近似性

韓国語の勉強をし始めた当時、「韓国語と日本語は文法から言葉の発音までなぜこんなに類似しているのだろうかと不思議に思った。

私が日本人であって日本の教育を受け、日本文化のなかで生きてきた土台のうえで韓国語、つまりいわゆるハングル語を学ぶということは、ある意味で漢字を自然に学び習得した基盤があるので容易であったのではないかと思っている。というのも韓国には日本の熟語漢字の単語がほぼ残っていて、それが現在は表音文字のハングルに置き換えられているのであるが、ハングルの発音の規則を覚えると直ぐ頭のなかで漢字の熟語に置き換えられる。

漢字は中国で作られ朝鮮半島を通して仏教伝来とともに日本に伝えられたとして、韓国人は「漢字は私たちが日本に教えてやった」という観念を一般的に持っているが、明治の時代、日本人が、英語から多くの場合二字熟語として作ったものが、逆に36年間の日韓併合時代を通して朝鮮半島に、そのまま伝わり定着しているのだ。

例えば「学校(학교)」「社会(사회)」「薬局(약국)」「経済(경제)」「計画(계획)」「野球(야구)」ほとんどが日本人が作った言葉だが、そのことを韓国人もほとんど知らない。

現在の韓国語表記における漢字使用の廃止

が、この漢字表記が現在の韓国語の表記で問題になっているのだ。現在の韓国語では、漢字によってできた単語を全てハングル表記でし、漢字表記はしないのだ。そのことについての不便さを感じたのは私が私の子供たちの学校の教科書を見た時だ。ハングルは表音文字なので日本式に言えば全てひらがなで書かれているということになる。

ハングルでの表記は発音においては英語を初めとする外国語のほとんどの発音が可能と言われるように非常に優れている点があるが、同音異義語の場合、日本人は漢字を見てその意味を把握できるが、ハングルでは漢字表記がないために前後の文章を見て、その関係で元の漢字で表記していたときの意味を把握しなければならない。

極端な例をあげると「防火」も「放火」も同じ表記の‘방화’なのだ。また日本語の前期、前記、電気、伝記、電機、全期、戦機、戦旗もハングルでは‘전기’という一つの表記で表わすことになる。英語等では、文字は表音文字でも、各単語には、接頭辞や接尾辞、語幹があり表意文字の面もあります。ハングルには音の羅列しかなく表意文字の構造がありません。各単語の概念が聞いてすぐに把握できず、不自然なのだ。

このようにハングルだけだと韓国人は単語の意味をどれだけ正確に深く脳にインプットし、その意味を熟知したうえで使っているのか疑問を感じざるをえない。

例えば医学用語で日本語に「耳鼻咽喉科」という言葉があるが、韓国語ではその単語をハングルで、「이비인후과」と書くが、日本人は漢字を見てその部分が即座に理解できるのに、韓国人の場合は、「이」、「비」、「인」、「후」がそれぞれ何を意味しているのか知っているのだろうかと疑問に思われるのである。

漢字を使用しないことからくる教育上の問題

上記したように息子の中学校の歴史教科書見ると地名なのか人名なのか、それとも別の言葉の単語なのか、子供たちがこれをどこまで正確に理解できているのかと疑問に感じたことを覚えている。中学校の時に漢字だけの時間があるが、漢字の授業は漢字だけを学習し、その他の科目の教科書のなかに漢字は全く組み込まれてないので、その漢字の勉強がどこまで子供たちの脳裏に浸透しているかは全く疑問である。

日本語の個人レッスンで韓国の50代60代の会社の代表取締役の人に日本語を教えたことがあるが、その人が若いころはまだまだ漢字が新聞のなかにあったので日本語の勉強の時にそれが役に立つと言っていた。しかし今では全ての新聞そしてテレビ番組の中での字幕やインターネット上も漢字は全く使用されておらず、そのことは子供にとっても、学校の教科の学習でも問題になると思われる。

私は現在、個人的に韓国での市民活動をユーチューブで配信している。動画作成のとき、日本語字幕をつける際に地名、大学名等の固有名詞では漢字で表すことが必須であるが、漢字を正しく確認するため韓国のネットで検索しても全く漢字が表記されておらず、ほとほと困ったことがある。ありがたいことに日本のヤフーで検索すると地名や固有名詞がしっかり漢字で明記されているので本当に助かった。 

漢字表記の無いことによる思考上の問題

韓国人は元来、理性よりも感情が先に立っている国民性だと言われているが、理性的な対話が成立してこなかったこれまでの日韓の外交関係にも漢字文化の削除が大きく影響しているのではないかと思われる。

日本統治時代に朝鮮半島でソウル大学を卒業した韓国の80代と思われる高齢者たちと戦時ジャーナリストの井上和彦氏と対談した動画を見たことがあるが、その高齢者たちの日本語の流暢なことと尊敬語謙譲語そして語彙力に驚かされたことがある。在日韓国人や現在日本に留学している韓国人は日本文化のなかで漢字を学んでいるので韓国に住んでいる韓国人とは思考力、判断力において大きな差があると感じている。

もちろんハングルの優れた部分もあるので、現在の韓国人の、瞬発力や思考の早さ展開、推進力はとても早いものがあり、行動力も優れエネルギーを発揮する点は本当に感心させられ尊敬できる部分だ。

2019年12月にソウル日本大使館前の慰安婦像撤去の活動を始めたことをきっかけに、私もともに活動をするようになった国史教科書研究所所長で慰安婦法廃止国民行動の代表の金柄憲代表が、なぜここまで堂々とあの反日韓国で嘘を暴き、いかなる迫害のなかでもひるむことなく真実を訴えることができるのか。その行動の速さや分析力はどこからきているのか。それは金柄憲代表が大学で漢文学の専攻をし、漢字の専門家であり、漢字の持つ意味に忠実であることに起因しているからだと、私は思っている。思慮の深さと緻密さは他の韓国人とは比較にならないほど秀でているのだ。なので一般の韓国人は歪曲された歴史を鵜呑みにしやすいが、金代表は嘘や誤謬をすぐに見つけられるのである。

金代表には2014年から始めた国史教科書研究所で学校の教科書が間違いだらけということで、各出版会社に直接何度も電話をし、間違いを指摘し正してきた功績がある。

金柄憲所長曰く、特に韓国の近代史の日本に関する記述は99%が捏造歪曲だということだ。金柄憲所長率いる慰安婦法廃止国民行動の運動も今年で5年目を迎えるが、運動内での豊かな発想と実行力は韓国人という思考と行動の早さの基盤とともに、漢字を知り尽くした緻密な理論哲学と良心という道徳性とが合わさって形成されたものだと思っている。

漢字表記の復活を

ゆえにこの漢字文化を削除した韓国はもう一度漢字を学校教育を通し少しずつ復活させ、社会に普及していく必要があると思われる。

ちなみに言うが、韓国でハングル専用を実施したのは朴正煕政府の時代であった。

朴大統領は1968年5月内閣に1973年を目標としたハングル専用5ヶ年計画を樹立するように指示した。以降、朴大統領自身も文書の作成、名牌等も全てハングルに替えた。その年の10月には目標年度を1970年にし、3年前倒しにする等、7項目の強力なハングル専用の指示を出した。漢字の削除、ハングル専用政策の概念は「近代化の流れのなかで表意文字の漢字を前近代的なものとしてとらえ、自国の言語生活を通して漢字を打破するのが啓蒙の一環としてみられたということだ。漢字を一掃することが近代化」と考えたとは驚くべきことである。漢字を一掃したが故に、韓国は歴史のウソに気づくことができなくなってしまった。漢字表記の復活なしには日本と韓国との歴史的かつ国際的な問題の溝は狭まらないであろう。

令和6年(2024年)2月

国際歴史論戦研究所 ゲスト・フェロー

白川司

【英語版】https://i-rich.org/?p=2019

■「学術会議の在り方問題」が決着へ

 日本学術会議について、政府は現在の「国の機関」から「法人格を持つ国から独立した組織」に改める方針を決めたことが、2023年12月22日の松村国家公安委員長の記者会見で明らかにされた。2020年10月の菅義偉内閣による「任命拒否問題」から続いてきたこの問題は、次の岸田文雄内閣で一定の解決に向かって進み出した。

 日本学術会議はこれまで会員選考について政府と何度も対立してきた。同会議は国の機関であり任命権は総理大臣にある。だが、同会議は推薦した第一候補者を拒否することを全く受け入れてこなかった。だが、国から独立するのであれば会員選考も自立的に行えるので、今後はこのような対立はなくなる。

 日本学術会議はこれまで年10億円の支援を国から受けてきたが、今後はそれが縮小されていく。当面は財政支援を受けながら、財政基盤の多様化を試行錯誤していくことになる。同時に、運営の透明性を高めるしくみも検討していくという。

 この決定を日本学術会議は未だに承服はしておらず、同会議の意見を一部取り入れる必要は出てくる可能性もあるが、決定自体を覆すのは困難であろう。

■「任命拒否問題」の本質と思わぬ副次効果

 上述した菅義偉内閣による「任命拒否問題」の前に、日本学術会議改革の舞台を整えていたのが安倍晋三首相(当時、以下同)だった。

 両者の衝突は2度あった。1度目は2016年で、会員の3ポストの欠員が出たときの補充人事で、安倍首相はうち2ポストを第二候補に差し替えるよう要求。二度目は2018年で、11ポストの補充人事のうち1ポストを第二候補に差し替えるよう要求した。押し問答の末、どちらも日本学術会議側が人員補充自体を取り止めて決着している。

 ここで注意すべきは、日本学術会議が1ポストにつき2名の候補を立てていながら、実際は第一候補しか認めないことだ。同会議はこのやり方を何十年も貫き、政府や文部省(当時)や同会議や関連組織で第一候補を外そうとすると激しく抵抗してきた。表向きは2候補でも、実情は同会議の指命に過ぎなかった。

 3年に1回行われる会員の半数改選でも日本学術会議は同様の手法をとってきた。

 2017年の会員改選の折、安倍首相の要請により、日本学術会議は定員105名に対して110名を推薦するようになり、総理に5名の拒否枠を提示するようなった。だが、実際には日本学術会議側は「任命されるべき105名」を指定しており、残りの5名は任命する気などない形だけのものだった。

 2020年に「任命拒否」が起こった背景に、この前例を破って日本学術会議側が定員ぴったりの105名しか推薦しなかったことがある。

 平たく言うと、前首相との約束を破り、菅義偉首相(当時、以下同)に喧嘩を売ったわけである。これを受けて菅首相は任命拒否を「6名」に拡げて喧嘩を買う形となった。

 だが、この問題は思わぬ副次効果を生んだ。それは、日本学術会議と共産党のつながりが一般にも知られるようになったことだ。菅首相はこの問題で野党とマスコミに集中砲火を浴びたが、同時に日本学術会議も共産党も最大の懸案だったCOVID19のパンデミックそっちのけで、政府批判ばかりを繰り返した。

 だが、共産党が必死になるほどに日本学術会議との強い関係があぶり出されて、日本学術会議に反感を持つ人たちが増えることとなったわけである。

■国からの独立が必要な理由

 日本学術会議は小林内閣府特命大臣(科学技術政策等)にあてた2023年7月25日付の書面で軍民両用技術の研究について、「軍民両用と軍事に無関係な研究を明確に分けるのは困難」という認識を示し、多くのマスコミがこれを受けて「同会議が軍事研究を許容した」と報じた。

 この報道を受けるなり、日本学術会議は改めて1950年の立場を堅持することを主張する。その後、軍民技術を分けることは困難である見解を再度示したものの、同会議が共産党的「戦後平和主義」を手放す気がないことが明白になった。この期に及んでも戦後平和主義のイデオロギーに支配されており、国の機関としての役目を全うする気がない。

 日本学術会議は設立当初から「軍事研究は戦争の原因になる」という立場を貫き、1950年、1967年、2017年と3度にわたり軍事研究を行わない旨の声明を発表している。

 だが、軍民両用技術は今後の経済発展の根幹をなしているインターネットやAI、ドローンなどの技術が含まれている。日本はこれらの分野でアメリカから後れをとっており、中国にも差をつけられ始めている。官民が一体となって技術力を高めなければ国際競争についていけない。

 また、日本学術会議は2015年に中国科学技術協会と協力覚書を締結しており、同協会人民解放軍直轄の軍事科学院と間接的に人的交流があることから、そこに協力すれば中国の軍事技術に貢献するリスクがある。  日本学術会議が中国の軍事研究に協力的でありながら、日本の軍事研究は非協力的である。このように日本にとって害悪のある組織なのであれば、国からの独立させるのは当然だ。一日も早い国からの独立を望む。

令和6年(2024年)2月

国際歴史論戦研究所 上席研究員

仲村覚

【英語版】https://i-rich.org/?p=1930

■反戦平和運動から反差別闘争にシフトした革命闘争

 2010年代の辺野古闘争から使われ始めている新たなキーワードがあります。それは、「沖縄差別」という言葉です。それは「日米安保の重要性は理解するが、沖縄に過剰な基地を押し付ける差別は許さない」というロジックです。日米安保反対を県民に扇動しているのではなく、差別は許さないという感情を煽って扇動しているのです。

 その被差別意識を醸成するために、「琉球処分」とか第二次大戦で沖縄を「捨て石」にしたというストーリーを使って、「沖縄は常に日本の差別的植民地支配を受けて、それは今も続いている」と主張します。

また、「沖縄県外の人たちは、沖縄を差別しているとは自覚は無いまま、国家の利益のために沖縄を差別している。これを「構造的差別」というと新たな専門用語も使われ始めています。そして、沖縄の未来のためには、沖縄の自己決定権を回復するしか無い、という運動目標を提示しているのです。

つまり、沖縄の反基地運動は、かつての日米安保の破棄を目指す「反戦平和運動」から、沖縄差別の解消をスローガンにした「反差別闘争」に完全にシフトしているのです。

■国連勧告を利用した反差別闘争

 2008年より国連の自由権規約委員会及び人種差別撤廃委員会より、日本政府に対して「沖縄の人々を公式に先住民族と認めてその権利を保護するべき」との勧告が合計6回出されています。日本政府は反論していますが、繰り返し出されるということは、国連は沖縄の人々を先住民族と認識は揺らいでいないということです。この勧告が危険なのは、2007年に日本政府も賛成して採択された「先住民族の権利のための国際連合宣言」に連動していることです。その第30条には、「先住民族先祖伝来の土地、領域では軍事活動は行わない」という条文があり、また、軍事活動を行う場合は、先住民族のリーダーとの効果的な話し合いが必要とあります。つまり、国連の認識では、沖縄の人が米軍基地は不要だと言い出せば、それに対応した行動を取らない日本政府は「先住民族の権利のための国際連合宣言」に違反していると見なされることになるのです。

また、中国はそこに乗じて、琉球は古来より中華民族の一員で、日米からの独立運動を続けており、中国人民はそれを支援しなければならないなどと国内外にプロパガンダを発信していますので、台湾有事の際、この「反差別運動」は中国が沖縄の主権に口出ししたり、手出ししたりする口実に利用される可能性が極めて大きいといえます。

■定義があいまいなヘイトスピーチを利用して階級闘争を煽る日本のマスコミ

 日本政府においては危険な法律や条例も作られ続けています。代表的なものが「ヘイトスピーチ解消法(通称)」です。正式名称は、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」といい、本邦外出身者、つまり政府が日本における少数民族と認めているアイヌや在日朝鮮人等に対する差別的言動の解消に対しての取り組みを決めた罰則の無い理念法です。差別的言動を解消するという目的事態は否定できないのですが、これは悪用されるリスクの高い法律であり、事実、悪用されています。

法律では本邦外出身者に対する差別的言動の定義がされていますが、日常ではほぼ同義語の「ヘイトスピーチ」という用語が使われています。法務省の人権擁護局では「ヘイトスピーチ」の事例は示されているものの明確な定義はありません。法務局に確認したらヘイトスピーチという用語の使い方に意見を言う立場にないとの回答だったのです。事実上の回答拒否です。

そのため、沖縄県民は本邦外出身ではないにもかかわらず、「沖縄ヘイト」という言葉がまん延しています。それを根拠に「県は、県民であることを理由とする不当な差別的言動の解消に向けた施策を講ずるものとする。」という条文が盛り込まれて「沖縄県差別の無い社会づくり条例」が令和5年4月に施行されました。これらの法律や条例を根拠に差別闘争の手法や行動を批判するものとターゲットに、ありもしない差別をでっちあげ、「◯◯が差別した。」「◯◯の発言はヘイトスピーチだ!」とレッテル貼りの批判をする人やマスコミが現れ、誰も改善を求めることができなくなるのです。

■沖縄についての「世論戦」をどのように戦うか

 中国人民解放軍の教範には、「三戦」が謳われています。「世論戦」「心理戦」「法律戦」です。人民解放軍は、これらの戦は、「中央軍事委員会の戦略的意図と作戦任務に基づき行われる戦闘行動」と定義されています。これらは密接に関わり合っていますが、今の沖縄で最も重要なのが政治に大きな影響を与える「世論戦」です。そして昨今、「琉球の人々は琉球王国時代から日本に差別され続けており、再び戦場にされようとしている。戦争を回避するためには沖縄の自己決定権を回復させなければならない」というストーリーに基づいた世論戦が仕掛けられているわけです。残念ながら現在の日本では、自衛隊を始めどの情報機関も世論戦に対して防衛を遂行する任務を持つ機関も能力を持つ機関も無いのです。中国の三戦に対しては、民間人が立ち上がって戦うしかありません。しかも、台湾有事の危険性が近づいた今、沖縄の世論戦は国防最前線だといえます。

更にその世論戦の裏で沖縄の人々を先住民族とする国連勧告が出されているのです。この勧告はほとんどの沖縄県民は自らのアイデンティティーにかかわる当事者であるにもかかわらず、みごとに隠蔽されて知らされていないのです。徹底的に隠蔽されている理由は、99%以上の沖縄の人々は日本人とのアイデンティティーを持っているため、扇動に失敗することをわかっているからです。

ここに、劣勢に追い込まれながらも世論戦を優位に戦う切り口があります。もし、この勧告の存在や「反差別闘争」の目的と危険性を多くの沖縄県民に知らせ、「先住民族だと思う人はあちらの候補へ、日本人だと思う人はこちらの候補に入れてください!」と選挙の争点にまで持ち込むことができたら、一気に形勢を逆転させることができると思うのです。そして「ヘイトスピーチ」という便利なツールを獲得した差別反対闘争勢力でも、「我々は日本人だ。国連勧告は間違っている!」と主張する人を「ヘイトスピーチだ!」とレッテル貼りをすることはできないからです。

ただ、テレビ新聞のほとんどは「反差別運動」側の陣営にありますので、我が陣営の世論戦の活動は、ネット拡散、チラシ配布、街頭演説という限られた手段しかありません。しかし、もし、日本の人口のわずか1%に過ぎない沖縄に対し、残りの99%の全国の愛国者が一丸となって戦えば、沖縄県民を目覚めさせ、沖縄の世論戦に勝利を収めるものと確信しております。日本国民全体の自覚を期待します。

令和6年(2024年)1月

国際歴史論戦研究所 上席研究員

河原昌一郎

【英語版】https://i-rich.org/?p=1802

1 2024年台湾総統選の結果

 2024年台湾総統選では、与党・民主進歩党(以下「民進党」)の頼清徳候補が約40%の得票率で当選した。選挙戦では野党第一党・中国国民党(以下「国民党」)の侯友宜候補と野党第二党・民衆党の柯文哲候補と三つ巴の争いとなり、頼清徳候補がやや有利と見られたものの最後まで予断を許さない状況であったため、今回の結果に、欧米諸国をはじめ民主主義陣営に属する人々はひとまず胸をなでおろしたことであろう。ただし、同時に行われた立法院の選挙では、民進党は過半数を割り込んでおり、今後の台湾政治の不安定要因となることが懸念される。

この度の選挙戦で最大の争点となったのは、中共との向き合い方であった。

 民進党・頼清徳候補の対中共姿勢は、基本的に現在の蔡英文政権の路線を継承し、中共とは一定の距離を保ちつつ、その圧力には屈しないというものである。

 これに対して、国民党・侯友宜候補は、中共との融和路線を基本とし、中台間での話合いを通じた経済関係の強化・拡大を強調する。

 また、民衆党・柯文哲候補は、両候補の間をとり、米国と中国との橋渡しをすると主張した。

 こうした三者による選挙戦が進む中で、中共は台湾に親中政権を樹立するため、親中派である国民党・侯友宜候補に票が集まるよう、選挙干渉のためのあらゆる活動を行った。軍事的圧力、貿易制限、報道機関への干渉、フェークニュースの流布、台湾有力者の中国招待、台湾企業家への経済的便宜、台湾若者の中国留学、等、等である。

それでは、中共は、なぜそこまで躍起になって台湾に親中政権を樹立しようとするのだろうか。それは、そのことが中共の台湾統一シナリオに直結しているからである。以下で、そのことを見ていきたい。

2 中共の台湾平和的統一シナリオ

 中共の台湾統一シナリオには平和的統一と軍事的統一の2つのシナリオがある。巷間、よく議論されるものは軍事的統一シナリオであるが、軍事的統一は言うなれば最後の手段であり、平和的統一がまず追及されるべきシナリオである。

 台湾の平和的統一で、中共がこれまで対立していた国民党を逆利用することを思いついたのは、国民党が初めて野に下った2000年代初めのことであった。当時、国民党は政権を失った打撃が大きく、困窮していたが、そこに手を差し伸べて国民党の取込みを図ったのが中共であった。その総仕上げとも言うべきものが2005年4月29日の連戦国民党主席と胡錦涛共産党総書記との国共トップ会談である。同会談は第三次国共合作とも称された。同会談では五項目の共通認識(以下「五大願望」)が表明されたが、五大願望はまさに中共の台湾の平和的統一シナリオを明示したものである。その内容は、①両岸の協議を再開させること、②両党で定期交流の場を持つこと、③台湾の国際活動のあり方を協議すること、④両岸の全面的な経済貿易協力関係を形成すること、⑤両岸平和協定を締結すること、であった。

 2008年に政権を回復した国民党の馬英九はこの五大願望を忠実に実行した。ただし、経済貿易協力関係については、2010年の経済協力枠組協定の締結で大幅な自由化が実現したものの、サービス貿易協定の承認が学生等による反対運動(ひまわり学生運動)で挫折し、発効しないままとなった。2011年には両岸平和協定を持ち出したこともあったが時期早尚の感が否めず島内で強い反発に会い、速やかに撤回せざるを得なかった。その後の蔡英文政権では、当然、サービス貿易協定も両岸平和協定もお蔵入りとなり、現在に至っている。

 中共の台湾での親中政権樹立の狙いは、まず、このサービス貿易協定を発効させること等により、台湾でのメディア、出版、金融保険等の分野での支配を進めることである。柯文哲候補と侯友宜候補は選挙戦序盤でこのサービス貿易協定の発効を主張していたが、このことからも両者が中共の「手の者」になっていることが窺がえよう。

 そして、台湾での言論を支配した上で、一国二制度の考えを台湾人に浸透させることである。中共の考えでは、台湾人の一国二制度に対する反発が台湾統合の妨げの要因となっている。その要因を除去しようというものである。そうして台湾人の抵抗感を極力低めた上で、平和的に両岸平和協定を締結する。

 もとより、現実に両岸平和協定の締結に至るには、想定不可能な極めて複雑な状況に遭遇することとなろうが、大筋のシナリオは以上のようなものとなろう。いずれにしても親中政権でなければこうしたシナリオの実現は不可能であるが、今回の選挙ではそれを実現させることができなかった。中共の目論みは頓挫したのである。

3 武力統合と台湾の国家性

 中共のとるべき残るシナリオは軍事的統一すなわち武力統合であるが、これについては台湾の国家性に関する扱いが事の成否を左右する重要な問題となる。台湾への武力行使に外国の干渉が国際法上許されるのかという問題である。

 中共は台湾の国家性は認めず、中共の台湾への武力行使は中国という一国家内の内政問題だと主張する。台湾政府は国内の反乱団体に過ぎず、これへの武力行使は内政問題であり、内政問題には他国は干渉できないはずだと言うのである。

 これに対して、台湾の民進党は、台湾は十分な国家性を有しており、実態として分断国家であるとする。両岸の現実は、台湾の中華民国と大陸の中華人民共和国がそれぞれ並列的に分断国家として存在しているのであり、中共はその現実を認識すべきであると主張する。これによれば、中共の台湾への武力行使は、明白に国連憲章第2条第4項で禁ずる他国への侵略行為に該当し、他国の干渉を受けてもやむを得ないこととなろう。

 ところが、同じ台湾の政党であっても、国民党はこれとは異なる考えを持っている。国民党は蒋介石以来の伝統として「中国は一つ」との党是を維持している。敢えて主張しなくなったが、台湾は大陸をも含む中国国家の一部だとする考えを捨ててはいない。

なお、民衆党は国家観については口をつぐんだままであり、見解を明らかにしていない。

 このように台湾内部で国家観が異なることには留意が必要であるが、この30年来の民主主義の実践を通じて、台湾人の圧倒的多数は自身が事実上独立した国家で生活していると認識しており、台湾が中国国家の一部だと考える人はごくわずかとなっている。

 台湾が実体的な独立国家であることは国際法上も是認されるであろう。モンテビデオ条約での国家の要件は、「永続的住民」、「明確な領域」、「政府」、「他国との関係を取り結ぶ能力」の4点であるが、台湾はこれらの要件を問題なく満たしている。また、この30年来の独立した民主国家としての台湾の継続した活動を知らない国はないだろう。台湾が事実として独立した国家であることは疑いようのない事実である。中共は詭弁を弄しているにすぎない。台湾を事実上国家として扱うことが台湾の国際的地位を高め、台湾の安全にも資するのである。

4 今後の台湾海峡と東アジア

 今回の総統選で、蔡英文路線を引き継ぐとする頼清徳候補が当選したことから、台湾海峡の情勢が急速に不安定化するという懸念は薄れたが、中国による台湾への軍事的圧力はますます強化され、両岸の軍事的緊張は強まるであろう。

 一方で、東シナ海、南シナ海を含めて、東アジアでの米中の対立が深まる中で、米国にとって、東アジアの民主国家台湾の防御価値はかつてなく高まっている。このため、中国の台湾への武力行使に米国が介入しないことはあり得ないだろう。台湾は、民主主義陣営を率いる現在の米国の東アジア政策の要となっており、台湾の放棄は米国のアジア政策の崩壊と敗北を意味する。  こうした中、今回の総統選挙の結果によって、とりあえず中共の平和的統一のシナリオが進展することを阻止できたことは民主主義陣営にとっては朗報であった。ただし、繰り返しになるが、立法院選挙では過半数を確保できなかった。このことは、政権運営に多くの困難をもたらすこととなろう。頼清徳政権の今後は、決して楽観視できるものではないのである。

International Research Institute for Controversial Histories

Senior researcher

Yoshiaki Yano

日本語

Conflicts in the Middle East are raging once again. The war between Hamas and Israel is escalating. The historical background and its misinterpretation by the Great Powers concerned have caused complicated consequences.

During the Islamic Ottoman dynasty, in the present-day Israel, Jews and Christians lived in peaceful harmony under the Islamic rule.

However, at the end of the 19th century, the Zionist movement started, and groups of Jews started entering Palestine to settle in “God’s promised land.” But the Ottoman Empire did not particularly regulate their settlement.

After World War I, as the Ottoman Empire was in the process of dissolving, the Middle East region was divided into areas under the rule of several Western Great Powers. The United Kingdom, one of the belligerent powers of the War, concluded the Hussein-McMahon agreement in 1915, while the war was still going on, and promised the independence of the region where Arabs resided in exchange for the cooperation of the Arabic States in the war against the Turkish Ottoman Empire.

On the other hand, in May 1916, the United Kingdom made a secret agreement with its allies France and Russia, regarding the control over the Ottoman Empire after the War.

Moreover, in November 1917, the British Government issued the Balfour Declaration, pledging its agreement and support for the establishment in Palestine of a “National Home” for the Jewish people.

This triple-tongued diplomacy on the part of the United Kingdom, which made pledges that contradicted one another, is said to have been the fundamental factor creating the present-day Palestinian issue.

However, the Arab State designated in the Hussein-McMahon agreement did not include Palestine and some say that the two agreements did not contradict each other.

The Balfour Declaration clearly safeguarded the rights of Palestine’s indigenous non-Jewish residents while establishing a “National Home” for the Jewish people in Palestine.

Based on the Balfour Declaration, in 1922, the League of Nations adopted the resolution of the British Mandate for Palestine. At that time, the residents in Palestine were mostly Arabs and even under the mandatory rule, in view of the right of people’s self-determination, Arabs’ sovereignty should have been respected.

However, as the Zionist movement rose further, more and more Jews came to buy land and settle in Palestine and the conflicts between the Arab Palestinian residents and the Jewish settlement and Jewish settlers became more frequent.

The confrontation between the two peoples under the mandate turned into conflicts between States after the United Nations’ resolution to divide Palestine after World War II.

In the background of this resolution lay the massacre of Jews by Nazi Germany during World War II. Before and during the War, many Jewish refugees headed for Palestine and the movement to support the establishment of a state for homeless Jews in Palestine became widespread among the Allied Nations.

Decisively important was the lobbying by Jewish American residents in the Congress of the United States of America, the most powerful victor of the War. In 1947, the United Nations General Assembly adopted the resolution recommending the termination of the British Mandate for Palestine and the partition of Palestine to create two independent Arab and Jewish states, and a Special International Regime for the city of Jerusalem.

It turned out that the United Nations resolution allowed a different people to establish a respective new State in another’s land, almost equivalent to allowing invaders to conquer the land, which is against international law. This is exactly what became the root of the current conflicts in the Middle East.

In fact, on the next day after the State of Israel was proclaimed in 1948, the surrounding Arab States, not recognizing the Israeli independence, started military attacks against Israel. This was the first Middle East War. Israel won the war and after ceasefire through the United Nations mediation consolidated its status as an independent State and came to occupy a larger portion of the land than initially allocated in the Partition Resolution by the United Nations.

While Israel occupied the Palestinian region, more than 700,000 Palestinian people became refugees, which created the current Palestinian refugee issue.

After that, Middle East Wars between Israel and the surrounding Arab States took place three more times, and each time Israel won, expanding its territory further.

On the part of Palestine, the Palestine Liberation Organization (PLO) was formed in 1964, asserting its goal of Palestinian self-determination, but in the Lebanese civil war in 1982, the PLO was ousted from Lebanon and its influence gradually diminished. In 1988, after deciding to establish a Palestinian State in the West Bank of the Jordan River and in the Gaza Strip, co-existing with Israel, the PLO adopted the Palestine Declaration of Independence.

In 1993, the Oslo Accords were signed, according to which the Government of Israel and the PLO recognized each other and an interim Palestine autonomy in the Gaza Strip and the West Bank was established. The PLO promised to abandon its armed struggle, but the newly established Hamas, acting as a destroyer of peace, launched suicidal terrorist bombings, aggravating the domestic conflicts with the interim government.

Hamas won the Palestine legislative election in 2006 and after the Battle for Gaza in 2007 became the governing authority in the Gaza Strip. Hamas is an organization that follows the principles of Sunni Islamic fundamentalism and Palestinian nationalism.

During the Syrian civil war, attempting to oust the Asad Government, Hamas fought against Hizballah, supported by the United States and Israel. Hizballah is a Shia Islam militia, based in southern Lebanon, supported by Iran.

In recent years, however, Hamas has been concentrating on armed struggle against Israel, promoting the strategic cooperation with Hizballah, and receiving support in terms of weapons and training.

The current conflict with Israel, triggered by the unexpected attack by Hamas, opened a new battle front in connection with the ongoing war in Ukraine, which benefits strategically Russia and China, although they are not directly involved in the conflict. Some commentators even think that support for Hamas came from Russia and China.

Another assumption based on the conflict is that Israel and the United States may launch a preemptive strike against Iran, which is reportedly close to obtaining enriched uranium that could be used to build a nuclear weapon.

On the other hand, the Biden Administration released $ 6 billon-worth of the frozen Iranian assets. It cannot be denied that part of that money went to Hamas through Hizballah.

It is not clear, either, why the Biden Administration released as much as $ 6 billion of frozen Iranian assets, or whether weapons left deserted in Afghanistan or part of the weapons to be sent to Ukraine found its way into the hands of Hamas.

Some speculate that since Russia seems to be winning in the Ukraine War despite the past expectations, the U.S. Jewish international financial capital is trying to make profit by waging a new war in the Middle East.

Thus, the historical background leading to the outbreak of the war in the Middle East this time and the misunderstanding by the Superpowers of the realities inside and outside the region are so complicated that it is not at all a simple question of which one is ally or foe or which one is right or wrong.

It is urgent for each country to correctly analyze the situation and make the utmost effort to secure its national interest and particularly national security, without being swallowed up in the violent current of these bizarre and complicated international circumstances.

The region surrounding Japan is as militarily tense as Ukraine and the Middle East. Japan must have its own independent national security policy and carry out informational activities.

Particularly, Japan depends on the Middle East for more than 90% of its crude oil import. If the safe passage through the Strait of Hormuz should be threatened, Japan would be directly hit. Japan has 240 days’ oil stockpile maintained by the state and private companies. If the conflict should linger on, the Japanese economy would be hard hit. Japan should strengthen its energy security and particularly, restart its nuclear power facilities soon enough.

The conflict may suddenly spread and it is urgent to secure the safety of the Japanese residents and companies in the region and to have them safely and promptly return home to Japan. Reexamining the five principles to participate in the U.N. Peace Keeping Operations (PKO), the Japan Self Defense Forces should be authorized to use the necessary weapons in carrying out their missions in the conflict regions.

The biggest threat is China’s advance to the Senkaku Islands and Taiwan, using the void of power in the Northeast Asia. The state control of the Chinese economy tightens further and the dictatorship of Xi Jinping is further consolidated after consecutive ousting of high government officials and it appears that there are signs of progressing preparations for war, including efforts to enhance the nuclear forces and stockpile more nuclear weapons. Japan should speedily enhance its defense force, prepare for a possible attack on the Senkaku Islands and strengthen its own nuclear deterrent power.

令和5年(2023年)11月

国際歴史論戦研究所 上席研究員

矢野義昭

【英語版】https://i-rich.org/?p=1796

中東ではまた紛争が激化している。ハマスとイスラエルの戦いが激化しているが、その歴史的経緯も関係大国の思惑も複雑である。

イスラム帝国だったオスマントルコ時代には、今のイスラエルでもイスラム教徒の支配のもとにユダヤ教徒もキリスト教徒も平和裏に共存していた。

しかし19世紀末にシオニズム運動が起こり、それ以来「神に約束された地」とするパレスチナにユダヤ人の入植者が入るようになったが、オスマン帝国は特に規制はしなかった。

 第一次大戦によりオスマン帝国の解体が進むと中東地域は西欧列強により分割統治されるようになる。

大戦の一方の当事国であった英国は、大戦中の1915年にフサイン・マクマホン協定を締結し、アラブ諸国に対トルコ戦に協力することを条件に、アラブ人居住区の独立を約束した。

 他方で英国は翌年5月、連合国側の仏露と、大戦後のオスマン帝国領土の勢力圏について秘密協定を交わしている。

 さらに1917年11月に英国政府は、ユダヤ人のパレスチナでの居住地(ナショナルホーム)建設に合意し、それを支援するとのバルフォア宣言を発している。

 この英国の三枚舌外交は、相互に矛盾しており、今日のパレスチナ問題の根本原因を創ったと言われている。

 ただし、フサイン・マクマホン協定に規定されたアラブ人国家の範囲にパレスチナは含まれていないため、この二つは矛盾していないとの見方もある。

またユダヤ人のパレスチナでのナショナルホーム建設に当たっては、パレスチナ先住民の権利を保護することが明記されている。

バルフォア宣言に基づき、1922に国際連盟は委任統治領パレスチナ決議案を採択した。当時パレスチナ地域の住民は大半がアラブ人であり、委任統治下であっても、民族自決の権利という立場では、アラブ人の主権が尊重されるべきであった。

しかしシオニズム運動の高まりの中、パレスチナには土地を買い取り定住するユダヤ人が増加し、これに反発するパレスチナ住民とユダヤ人との対立が頻発するようになった。

この委任統治下の両民族間の対立が国家間の対立に転換したのは、第二次大戦後の国際連合によるパレスチナ分割決議以降である。

この決議の成立の背景には、第二次大戦中のナチスによるユダヤ人虐殺があった。戦前、戦中に発生したユダヤ人難民の多くがパレスチナを目指す一方で、祖国を持たないユダヤ人のパレスチナでの国家建設を支持する動きが、連合国側の各国で高まった。

中でも決定的重要性を持ったのが、最大の戦勝国米国の議会に対する、米国内ユダヤロビーの働きかけであった。1947年の国連総会において、英国の委任統治を終わらせアラブ人とユダヤ人の国家を創出し、エルサレムを特別な都市とするとの分割案が決議された。

結果的に、国際法上は許されていない、他国領土に異民族が新国家を建設すること、則ち侵略による征服を容認したに等しい国連決議がなされた。この点にこそ、むしろ現代の紛争の根因があると言えよう。

 1948年のイスラエル国家独立宣言をした翌日、イスラエル独立を認めない周辺アラブ諸国は武力侵攻を開始した。これが第1次中東戦争である。イスラエルが勝利し、国連の仲介による停戦後も独立国としての地位を固め、当初の国連による分割決議より広大な地域を占領する結果になった。

半面イスラエルがパレスチナ地域を占領し、70万人以上のパレスチナ人が難民となり、今日のパレスチナ難民問題が発生した。

その後イスラエルと周辺アラブ諸国間の中東戦争は3回発生したが、いずれもイスラエルが勝利し、その領土はさらに拡大した。

パレスチナ側では1964年にパレスチナ解放機構(PLO)が結成されパレスチナの民族自決を主張していたが、1982年のレバノン内戦でレバノンも追われ、しだいに影響力を低下させた。1988年には「イスラエルと共存するヨルダン川西岸地区及びガザ地区でのパレスチナ国家建設」へと方向転換を行い、パレスチナ独立宣言を採択した。

1993年にはイスラエル政府と、PLOの相互承認とガザ地区・西岸地区におけるパレスチナ人の暫定自治を定めたオスロ合意が成立した。PLOは武装闘争の放棄を約束したが、和平粉砕を掲げるハマスが自爆テロを開始し、暫定政府側との内部対立が深まった。

ハマスは2006年のパレスチナ立法選挙で勝利し、2007年のガザの戦いののち事実上のガザ地区の統治当局となった。ハマスは、パレスチナ人によるスンニー派イスラム原理主義、民族主義に立つ組織である。

シリア内戦の際には、アサド政権打倒のためイスラエルや米国の支援を受けヒズボラとも戦ったことがある。ヒズボラは、イランの支援を受けたシーア派民兵組織であり、南部レバノンに基盤を置いている。

しかし近年ハマスは、イスラエルとの武力闘争に力を注ぎ、ヒズボラとの戦略的連携を強め、武器や訓練面での支援を受けている。

今回のハマスによる奇襲から始まったイスラエルとの紛争は、まだ継続中のウクライナ戦争に連動して新たな戦線を開くことにもなり、ロシアと局外に立つ中国にとり戦略的な利益があることから、両国の支援も背後にはあるとみられている。

また核兵器級濃縮ウラン入手寸前と言われるイランに対し、イスラエルと米国は先制攻撃をするのではないかとみられていた。

他方でバイデン政権は、凍結したイランの資金60億円の凍結を解除している。その一部がヒズボラを通じてハマスに流れた可能性も否定できない。

バイデン政権がなぜ60億ドルもの凍結資金を解除し、あるいはアフガンの残置兵器やウクライナへの供与兵器の一部がハマスにわたるようなことを放置したのかも明確ではない。

ウクライナではロシアに敗れて思惑が外れたので、中東で新たな戦争を画策して利益を得ようとする、米国のユダヤ系国際金融資本の思惑があるのではないかとの指摘もある。

このように今回の中東戦争に至る歴史的経緯も、域内域外の大国の思惑も、その背景は極めて複雑であり、単純に敵味方や善悪で割り切れる問題ではない。

この複雑怪奇な国際情勢の激動に流されることなく、常に的確な情勢分析を行い、国益とりわけ国家の安全保持に最大限の努力を払うことが各国には求められている。

日本周辺もウクライナ、中東に並ぶ軍事的緊張を抱えた地域であり、日本自身にもそのような自立的な安全保障政策と情報活動が求められている。

とりわけ日本は、原油輸入先の9割以上を中東に依存しており、ホルムズ海峡の安全航行が困難になれば、日本はその影響を直接受けることになる。日本の石油備蓄量は国と民間で合わせて約240日分あるが、紛争が長期化すれば、日本経済への打撃は大きい。エネルギー安全保障の強化、特に原発の早期再稼働に踏み切るべきであろう。

また紛争は急拡大するおそれがあり、現地邦人や企業の安全確保と日本への帰還も急がねばならない。PKO参加5原則を見直し、自衛隊に、紛争地域でも任務達成のため必要な武器を使用できる権限を与えるべきである。

最大の脅威は、北東アジアに生じた力の空白に乗じて、中国が尖閣・台湾への侵攻に乗り出すことである。中国経済は国家統制が進み、相次ぐ要人の更迭など習近平独裁体制が強化され、核戦力や備蓄の増強等の戦争準備が進められている兆候がみられる。

日本は防衛力強化を急ぎ、予期される尖閣侵攻などの日本有事に備えると共に、中朝の核恫喝にも耐えられるよう、独自の核抑止力強化にも踏み切らねばならない。

International Research Institute for Controversial Histories

Guest Fellow

Tsukasa Shirakawa

日本語

1. The origin of the SCJ’s Galapagos-like pacifism

The Science Council of Japan was established in 1949 under the rule of the Allied Forces General Headquarters (GHQ), when everything held affirmative prior to the Pacific War was negated without reason. This very atmosphere turned the national academy fundamentally aiming to support Japan’s science and technology into a propaganda organ with Galapagos-like pacifism .

The then Prime Minister Yoshida Shigeru was dissatisfied with the Science Council of Japan because while using the Government budget, all the SCJ did was to criticize the government and engage in political confrontations. So, Yoshida tried to change it from a government organ to a private one. But the SCJ’s first President Kameyama Naoto, citing the GHQ foremost, checked Yoshida and thus, eventually the time was up for Yoshida’s efforts.

Initially, when he took office, General Douglas MacArthur of the GHQ was very enthusiastic about the demilitarization of Japan. In thought and academic aspects, he was most attentive to two issues: the purge of public officials, which started in 1945, and the establishment of the Science Council of Japan.

2. The Science Council of Japan was filled with leftists

In the purge of public officials, many statesmen who held conservative views, journalists, business leaders, scholars and teachers were expelled from their jobs. Among those expelled, there were many people indispensable in the task of restoring Japan in the postwar years. It was only since 1950 that those indispensable workers gradually came to be exempt from the purge.

On the other hand, in the Science Council of Japan, from the very beginning, the subsidiary of the Communist Party named Democratic Scientists’ Association (DSA) was dominant. Against the re-armament, the Science Council of Japan issued a statement to the effect that the Council shall not engage in any study that may contribute to the development of military technologies. Incidentally, this statement was repeated as the statement of study of military security in 2017. Regarding national security, the SCJ has not changed its standing for sixty-six years.

The DSA lost support after it criticized Stalin in 1965 and practically ceased to exist in the 1960s. However, the Japan Scientists’ Association (JSA) succeeded it. The JSA is partially influenced by the Japanese Communist Party and the latter has kept certain influence over the Science Council of Japan, using this academic organization.

After DSA ceased to exist, its branch of jurists called “legal sub-committee” continues to operate even today and acts as a brain for the pro-Constitution movement or as an organization of activists. Incidentally, among the six SCJ members “who were denied appointment,” three of them, Mr. Matsumiya Takaaki, Mr. Okada Masanori and Mr. Ozawa Ryuichi are related to the legal subcommittee of the Democratic Scientists’ Association.

We should bear it in mind that although GHQ gave birth to the Science Council of Japan, it did not expand it. MacArthur himself gradually lessened his initial prejudice against Japan and finally started rearming it. On the other hand, the Science Council of Japan accepted MacArthur’s initial prejudice as it was and has preserved it.

I just mentioned that the first President Kameyama name-dropped GHQ in protesting against Prime Minister Yoshida’s intention to make the SCJ private. The Science Council of Japan has been very much proud of the fact that it came into being through GHQ, which was more powerful than the Japanese Government, while ideologically influenced by the Communist Party. This sense of pride seems to make the Science Council of Japan always act arrogantly in dealing with the Japanese Government.

3. The organization ailed by the “Pre-war Syndrome”

The year 1965, when Japan Scientists’ Association was born, was the “era of the students’ movement.” The Japanese Communist Party was promoting a peace movement with the goal to stop nuclear bombing and further accelerated it into a movement opposing the Vietnam War.

Part of the Science Council of Japan still carries the mentality of the students’ movement deeply soaked in pacifism and leftist ideology, which were present even in its prime age. This is clear from the scenes of scholars who “were denied assignment” loudly expressing themselves in front of the TV cameras.

Listening to anti-Government statements voiced by the Science Council of Japan, we can see its morbid, short-circuited thinking that connects everything to the pre-war situation or claims that “whatever conservative administration does leads to militarism.” I call it “Pre-war Syndrome.”

When statesmen of the ruling party try to enhance the national security policy, those who have internalized the pre-war syndrome hear “military boots” resounding from nowhere and become hot with flames of justice, thinking “unless we do something against it, Japan will become militarist.” This is the source of energy that keeps Galapagos-like pacifism going to this day within the Science Council of Japan.

4. The right to appoint resides in the Prime Minister

As the theoretical grounds for criticizing Prime Minister Suga Yoshihide’s refusal of appointment in 2020, it was mentioned that Niwa Hyosuke, Chief of Home Affairs of the Nakasone Cabinet, responded that “it is mere nominal recommendation and those recommended by the Council will not be refused and will be nominally appointed.”

In the background of this response, there was a change in the membership nomination. The SCJ members used to be elected among recommended candidates, but then the procedure was changed to a system of recommendation by the sitting SCJ members. By the latter method, it became easier for the Science Council of Japan to arbitrarily select its members.

However, the status of the member of the Science Council of Japan is special national civil servant to be appointed by the Prime Minister, which is clearly stated in the Science Council of Japan Law. It is the duty of a civil servant to follow the appointment by the Prime Minister. There is no need to account for the personnel appointment.

In addition, the final report of the Council for Science and Technology in 2003, based on the Fundamental Law on Reform of Central Ministries, Agencies and others, states, “As to the form of establishment, the way academies in major European and American states are is considered to be ideal, and regarding the Science Council of Japan, we will evaluate the progress in the reform within the next decade and discuss adequate way of establishment.” Following this, the Science Council of Japan should be reformed in one way or another by 2013.

5. The Science Council of Japan should promptly be dissolved 

Surveying proposals made by the Science Council of Japan so far, we cannot find any example of its significant social contribution that the entire nation can duly appreciate. In 2000, there was a case of fabrication in the field of archaeological society. The Science Council of Japan failed to propose any solution. In recent years, there have been many anti-Government proposals and when it comes to the covid disaster, the SCJ did not come up with any proposal. The Science Council of Japan, having assembled the top brains in Japan and being versed in overseas information and knowledge, has been busy protesting against the issue of the refused appointment, but failed to produce any proposal as a government organ during the hardest time for the Japanese people. A billion yen out of the precious tax money is annually spent on the SCJ. The Science Council of Japan seems not to feel duly responsible for meeting the people’s expectations.

In addition, the Science Council of Japan holds certain influence over the examination members of the Science Council of Japan Promotion Foundation in deciding the allocation of \237.7 billion scientific research fees for the fiscal 2021 as authorities in various fields of science. Through its enormous influence in allocating the scientific research fees, the SCJ controls the entire academic society, driving the academic world toward left, marring the Government’s national security policy and making Japan fall behind other countries in dealing with national security.

Moreover, some members of the Science Council of Japan are related to the so-called “seven schools of national defense” of the Chinese People’s Liberation Army, some apply to the “One Thousand People Plan” by the Chinese Government recruiting foreigners, and there is a case in which Japanese cooperated in Chinese military study, while opposing Japan’s own military study.

Most of physics and engineering scientists’ specialties span both military and civilian fields. However, the Science Council of Japan is so insistent on being a propaganda organization firmly opposing military study on its own that not a few scientists find it difficult to carry out their study in Japan. The SCJ is led by assertions of those in humanities study and pro-Communist Party members while members in physics and chemistry are obliged to follow them. Thus, only partial assertions made by ultra-left SCJ members turn out to be the assertions representing the entire Science Council of Japan.

In historical examination of the Science Council of Japan, we must say that the SCJ is too much influenced by the Japanese Communist Party, which has a mere one percent support rate among the Japanese voters. The Japanese Government should promptly start dissolving the Science Council of Japan for the sake of Japan’s national security and other important issues.