コンテンツへスキップ

性奴隷説を完全論破したラムザイヤー論文が書籍化され 日韓米で同時出版

この機に 真実勢力が海を越えて結集 慰安婦問題に終止符を打つ!

2024年7月10日 星陵会館

第三回「慰安婦問題を巡る国際シンポジウム 2024」

30年以上も前に日本人が火を着け、国際社会に広まった日本軍慰安婦の強制連行・性奴隷説。今、この世紀の大嘘に対して、激しいバッシングを受けながらも米国の学者が学術論文で真実を主張し、韓国の識者たちがソウル慰安婦像前で身の危険を顧みず歴史の真実を訴え続け、日本国の名誉を回復すべく日本人研究者たちが真実を世界に発信しています。

この度、慰安婦性奴隷説を完全論破したマーク・ラムザイヤー氏(ハーバード大学ロースクール教授)の論文が書籍にまとめられ、昨年末より日本、韓国、米国でほぼ同時期に出版されました。

これを機会に日韓米の学者や研究者が本年7月に東京に結集。慰安婦問題の嘘を一掃し、これに終止符を打つべく、国際シンポジウムを開催することとなりました。

皆様のご参加をお待ち申し上げると共に、シンポジウムの成功に向けて、是非とも多くのご支援を賜りたく、ここにお願い申し上げます。

チラシのPDFはこちら

【場所】 星陵会館ホール(東京都千代田区永田町2-16-2)
【日時】 2024年7月10日(水)開会10時半 閉会17時頃

【プログラム】(予定)
<第一部 基調講演>
日本 西岡力 (麗澤大学特任教授)
韓国 李栄薫  (李承晩学堂校長)
米国 マーク・ラムザイヤー (ハーバード大学ロースクール教授)
<第二部 研究発表>
日本 福井義高 (青山学院大学教授)
日本 松木國俊 (国際歴史論戦研究所 上席研究員)
韓国 金柄憲 (国史教科書研究所 所長)
韓国 李宇衍 (落星台経済研究所 研究委員)
米国 ジェーソン・モーガン (麗澤大学 准教授)
<第三部> 登壇者全員からの提言

【参加費】2千円  ※予約は不要です。直接会場にお越しください。
【主催】 国際歴史論戦研究所
【協催】 歴史認識問題研究会
【後援】 JAPAN Forward

<ご支援のお願い>

シンポジウムの成功に向けてご支援いただけますようお願い申し上げます。

◆郵便振替口座 00180-9-421130
口座名    国際歴史論戦研究所

◆ゆうちょ銀行
店名 〇一九店 (ゼロイチキュウテン)
*支店名は「セ」を指定して調べてください。
当座
口座番号 0421130
口座名  国際歴史論戦研究所

◆三菱UFJ銀行
春日町支店 普通預金
口座番号  1176278
シヤ)コクサイレキシロンセンケンキユウジヨ

◆クレジットカード
https://irich.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2846679&csid=0

和訳本『慰安婦性奴隷説をラムザイヤー教授が完全論破』の発売を記念して、訳者による出版記念シンポジウムが12月24日に開催されます。

日時 :12月24日(日) 13:30~16:00 
会場 :アカデミー文京・学習室(文京シビックセンター地下一階)
参加費:2000円(書籍つき)

当日の講演・シンポジウムは、こちらからご覧いただけます。

演題:国と自然を守ると言うこと

講師:葛城奈海 防人と歩む会会長

日時:令和5年10月26日(木) 17:30開場、18:00開始 20:00頃終了

場所:文京区民センター 2A会議室
  都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
  丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、
  南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分

※オンライン参加については、こちらのリンクをご参照ください。

9月5日に、韓国と日本の真実を追究する勢力がソウルにて、合同シンポジウムを開催しました。

シンポジウムでは、日韓の国旗が掲げられ、両国の国歌が斉唱され、このようなことは近年あり得なかったとのことです。

発表は、慰安婦問題の真実を伝えるために活動している研究者らがそれぞれの専門性に立って発表を行い、日本発の「慰安婦=性奴隷」、日本と韓国の教科書の問題や、国連の問題などが議論されました。

シンポジウム動画(2つの動画は同じシンポジウムです)

動画は、それぞれの日本語、韓国語混じりで話をされていますので、実際の講演内容は以下の資料をご参照ください。

<資料>

当日配布されたプログラム・冊子(日本語、韓国語並記)

シンポジウム・パワーポイント資料 第一部 第二部

西岡力(麗澤大学客員教授)発表原稿 日本語版 韓国語版

また、翌9月6日には慰安婦像そばで街頭活動を行いました。同日は水曜日で正義連側もデモを行っていました。あちら側は40名程度に対して、我々はその数倍の参加人数を数え、2019年に韓国の人々が真実を伝えるデモを始めた当時と比べると規模が逆転し、活発に慰安婦詐欺を明らかにし、日韓の研究者らの連帯が表明されました。

慰安婦問題のウソと戦う日韓真実勢力共同声明(街頭行動発表)

<動画>

https://www.youtube.com/watch?v=Kq4vYhEYi5E

<参考>正義連側の水曜デモ

街頭行動の後は、南山公園に設置されていた慰安婦「記憶の碑」が撤去されたことを受け、その現場を視察しました。

<撤去前>2023.8

<撤去後>2023.9.6

<動画>

最後に、本シンポジウム、街頭行動にあたり、研究所からのメンバー派遣のため、多くの方に多大なご協力を賜りました。篤く御礼申し上げます。

<報道>

産経  2023/9/9
ソウルからヨボセヨ 慰安婦問題の様変わり 黒田 勝弘
https://www.sankei.com/article/20230909-NJ2HJPP6GFM4HB7KV3AVDHR5CA/

Newsweek日本版  2023/9/15
慰安婦問題を巡る日韓の対話──ソウルで歴史的なシンポジウムが開催された
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2023/09/post-102645.php

<参加報告>

西岡力 国家基本問題研究所 『韓国で慰安婦強制連行否定のシンポ開催

松木國俊 国際歴史論戦研究所 『慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃』 月刊Hanadaプラス

<韓国側登壇者> 

李栄薫(イ・ヨンフン)先生

ソウル大において韓国経済史研究で白紙学位を受ける。韓神第、成均館大を経てソウル大経済学部教授に就任。定年退職後は、李承晩学堂の校長として活動している。『朝鮮後期社会経済史』(ハンギル社、1988年刊)、『数量経済史で捉え直す朝鮮後期』(共著、ソウル大学校出版部、2004年刊)、『大韓国民の物語』(キバラン、2007年刊、邦訳は文藝春秋)、『韓国経済史』Ⅰ・Ⅱ(一潮閤、2016年刊)、『反日種族主義』(編著、未来社、2019年刊、邦訳は文藝春秋)、『反日種族主義との闘争』(編著、未来社、2020年、邦訳は文藝春秋)

柳錫春(リュウ・ソクチュン)教授

1955年生まれ、慶尚北道安東出身。延世大学社会学部卒業。米国イリノイ大学社会学博士修了。1987年から2020年まで延世大学教授。2019年延世大学での講義中、「慰安婦は売春の一種だ」発言で訴えられ刑事訴訟1審中。

李宇衍(イ・ウヨン)博士

成均館大学で李氏朝鮮後期依頼の山林とその所有権の変遷に関する研究で博士学位を受ける。米ハーバード大学訪問研究員、九州大学客員教授、落星台経済研究所研究員を歴任。全羅南道光州生まれ。

著書に『ソウルの中心で真実を叫ぶ』(日本語翻訳版、扶桑社2020年)、共著に李栄薫編『反日種族主義』(日本語翻訳版、文藝春秋2019年)、李栄薫編『反日種族主義との闘争』(日本語翻訳版、文藝春秋2020年)など。

金柄憲(キム・ビョンホン)所長

成均館大学校漢文学科の修士および博士を修了。韓国の歴史学者、大学講師。韓国国史教科書研究所所長、慰安婦法廃止国民運動代表、国史問題研究所理事を務めている。2019年度から、在大韓民国日本国大使館前の少女像撤去を求める集会を開いており、2022年1月には経済学者である李宇衍氏などと慰安婦詐欺清算連帯を結成。近著の「赤い水曜日、30年間の慰安婦歪曲」の日本語版は文藝春秋より発売中。

<日本側登壇者>

西岡力(麗澤大学客員教授、歴史認識問題研究会会長)

専攻 韓国・北朝鮮地域研究

現職 モラロジー道徳教育財団道徳科学研究所教授・歴史研究室長、麗澤大学教授

   「救う会」全国協議会会長 

   歴史認識問題研究会会長

韓国・延世大学留学、筑波大学大学院地域研究科修了、外務省在韓国専門職員、「現代コリア」編集長、東京基督教大学教授などを経て現職。第30回「正論大賞」受賞。

著書に『よくわかる慰安婦問題』※、『でっちあげの徴用工問題』※、編著『朝鮮人戦時労働の実態』、『日韓「歴史認識問題」4年』、『わが体験的コリア論』など多数。(※は韓国語訳も出版)

杉原誠四郎(国際歴史論戦研究所会長)

昭和16年(1941年)、広島県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。城西大学教授、武蔵野大学教授を務めた。
主著に『教育基本法 その制定過程と解釈・増補版』(文化書房博文社)、『法学の基礎理論 その法治主義構造』(協同出版)、『教育基本法の成立-「人格の完成」をめぐって- 新訂版』(文化書房博文社)、『日本の神道・仏教と政教分離-そして宗教教育 増補版』(文化書房博文社)、『日米開戦以降の日本外交の研究』(亜紀書房 韓国語版・中国語版・英語版も出版)、『杉原千畝と日本の外務省 杉原千畝はなぜ外務省を追われたか』(大正出版 英語版も出版)、『保守の使命』(自由社)など。

松木國俊(国際歴史論戦研究所上席研究員)

昭和25年熊本県生まれ。昭和48年慶応義塾大学法学部政治学科卒業。同年豊田通商株式会社入社。昭和55年より59年まで豊田通商ソウル事務所勤務。平成12年同社早期退社。平成16年松木商事株式会社設立、代表取締役就任。現在、朝鮮近現代史研究所所長。「慰安婦の真実国民運動」初代幹事長(現常任幹事)。新しい歴史教科書をつくる会三多摩副支部長、国際歴史論戦研究所上席研究員。著書に『ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った!』『恩を仇で返す国・韓国』(いずれもワック)『本当は素晴らしかった韓国の歴史』『軍艦島・韓国に傷つけられた世界遺産』(いずれもハート出版)他。監修に百田尚樹著『今こそ韓国に謝ろう』(日本語版及び韓国語版)など。

山本優美子(なでしこアクション代表・国際歴史論戦研究所所長)

上智大学外国語学部比較文化学科卒業。

なでしこアクション代表。慰安婦の真実国民運動幹事長、国際歴史論戦研究所所長。

書籍に『女性が守る日本の誇り-「慰安婦問題」の真実を訴えるなでしこ活動録』(青林堂、2014年)、『国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘―ジュネーブ国連派遣団報告』(共著、自由社、2016年)『女性だからこそ解決できる慰安婦問題』(共著、自由社、2018年)。

史上初! ソウルの中心で韓日共に声を挙げる
シンポジウムと街頭活動
「慰安婦は性奴隷ではない。子供に嘘を教えるな!」

9月5日(火)韓国ソウルにて「慰安婦問題をめぐる韓日合同シンポジウム」が開催されます。
日本軍慰安婦は強制連行された性奴隷ではないという立場の日韓の研究者が集まり、韓国で開催する史上初のシンポジウムです。韓日の学校教科書の慰安婦記述など、慰安婦問題に関する発表が韓日双方から行われます。(第一回シンポジウムは2022年11月東京にて開催)
シンポジウム翌日9月6日(水)は、ソウルの慰安婦像前で毎週行われている正義連(旧:挺対協)の水曜デモの近くで「慰安婦の真実」を訴える韓国の市民団体の街頭活動に日本から応援参加します。

————————————————————————————-

慰安婦問題をめぐる韓日合同シンポジウム
~ 韓日教科書の慰安婦記述の実態と対策~

【日時】2023年9月5日(火)14時~18時
【場所】コリア・プレスセンター 19F 記者会見場(ソウル市内)
【登壇者】予定
司会 – 吉田賢司(ジャーナリスト)
祝辞 ・激励の辞 – 李栄薫(李承晩学堂校長)他
<韓国側:演題>
朱玉順(お母さん部隊代表) :経過報告
柳錫春(元延世大学教授) :慰安婦問題の司法化:歴史論争から法廷闘争へ
李宇衍(落星台経済研究所研究委員) :朝鮮人慰安婦、どこから来たのか?
金柄憲(国史教科書研究所所長) :韓国小中高教科書の慰安婦記述の実態と対策
<日本側:演題>
杉原誠四郎(国際歴史論戦研究所会長): 挨拶
西岡力(麗澤大学特任教授):日本から始まった慰安婦問題
松木國俊(国際歴史論戦研究所上席研究員): 慰安婦の実態と日本の学校教科書の問題点
山本優美子(なでしこアクション代表): 『慰安婦=性奴隷』に利用される国連・ILO・ユネスコ

韓国市民団体街頭活動に応援参加

【日時】2023年9月6日(水)昼 正午前後
【場所】ソウル 慰安婦像そば

————————————————————————————-

韓日シンポジウム 派遣資金 ご寄付のお願い

国際歴史論戦研究所からシンポジウムに登壇する杉原誠四郎・松木國俊・山本優美子の三名の派遣費へのご支援をお願いしております。
こちらからご寄付いただけます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆ 国際歴史論戦研究所へ寄付する:クレジットカード/銀行振込(バーチャル口座)
https://irich.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2846679&csid=0

◆ クラウドファンディングで寄付する
準備中

今月27日、当研究所主催のセミナーにて講師を務めていただきます渥美育子先生のオンライン3時間要点セミナーが7月19日、20日、21日に開催されます。

第1回開催 7/19(水)13時~16時
第2回開催 7/20(木)13時~16時
第3回開催 7/21(金)13時~16時

詳細は、株式会社グローバル教育のWebサイトをご覧ください。

また、当研究所主催のセミナーはこちらをご覧ください。

演題:渥美育子のシン・グローバル教育~日本の国力回復のカギ、グローバル教育を実践しよう!~

講師:渥美育子 (株)グローバル教育 代表取締役

日時:令和5年7月27日(木) 17:30開場、18:00開始 20:00頃終了

場所:文京区民センター 2A会議室
  都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
  丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、
  南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分

講師略歴:

グローバル教育の創始者。1980年代という早い時期に、米国ボストン郊外のハイテック地帯で21世紀型研修会社を起業。オランダの学者ホフステード博士、フォンス・トロンぺナールス教授たちと同時代に互いに知らず、グローバル教育を開始した。タイム誌で紹介され、DuPont, IBM, UTC, Hondaなど世界トップクラスの企業を顧客とする。9.11同時多発テロをきっかけに世界の子どもにグローバル教育を提供する必要があると痛感。2007年帰国後、大企業、学校を通して日本のグローバル化を促進するため尽力している。

著作に「世界で戦える人材の条件」(PHP), 「文化の世界地図」(世界地図社)など。フォーブスのインタビュー記事で、SDGsなどの先駆者と評価された。

一般社団法人 グローバル教育研究所 (https://www.globaleducationjp.com/

参加費:2000円(事前申し込み不要)

主催:国際歴史論戦研究所 i-rich.org
Mail info@i-rich.org   Tel 03-6912-0047

演題:「縄文道・武士道-歴史的連続性への道標-世界へ羽ばたいた縄文人-」

講師:加藤春一先生(一般社団法人 縄文道研究所 代表理事)

日時:令和5年3月23日(木) 17:30開場、18:00開始 20:00終了

場所:文京区民センター 2A会議室
  都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
  丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、
  南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分

講師略歴:
[所属]日米協会、日本ベルギー協会、日本イスラエル商工会議所、国際縄文学学会
[略歴]1944年 満州大連にて日本の陶祖 加藤藤四郎景正の末裔(23代)として誕生/1968年 上智大学経済学部卒業後
大手商社・日商岩井にて資源ビジネスに30年間従事。西豪州代表、ベルギー・ブリュッセル製鉄原料部門欧州代表、約18年間海外生活、幼少から今まで5大陸56ヵ国訪問/1998年~2016年
東京エグゼクテイブサーチ勤務(日本のパイオニアーサーチファーム)、8年間社長、世界のサーチファーム ITPグループ日本代表/2016年
一般社団法人縄文道研究所創設 代表理事就任/2018年1月12日 特許庁から「縄文道」商標登録認可される。
・大學関連:明治大學公開講座 講師(2015年~現在)、元上智大学非常勤講師、
元兵庫県立大学大学院客員教授
[受賞歴] 青淵 渋沢栄一翁 顕彰会 論語と算盤大賞
[著書] 『世界一美しいまち オーストラリア−パースへのいざない』 めいけい出版
国会図書館永久保存版
    『能力Q セルフプロヂュース』 ビジネス社
    『グロバーバル人財養成塾』 生産性出版

参加費:1000円(事前申し込み不要)

主催:国際歴史論戦研究所 i-rich.org
Mail info@i-rich.org   Tel 03-6912-0047

【 講演会資料 PDF ダウンロード 】

● 演題 「アイヌは縄文人の末裔である――アイヌ問題を放置すると北海道は第二のウクライナになる――」

● 講師: 澤田健一先生(縄文アイヌ研究会 主宰)

略歴: 昭和39年、札幌市生まれ。

同志社大学工学部卒業。既存の枠にとらわれず、歴史・考古学を独自に学ぶ。

著書: 『縄文人の日本史 縄文人からアイヌへ』 柏艪社、2019。

『夷の古代史 邪馬台国そしてアイヌ』 柏艪社、2020。

『古代文明と縄文人 世界に広がる日本の夷』 柏艪社、2022。

● 日時:令和5年1月26日(木)開場17:30 開始18:00 閉会20:00 (前半:講演 後半:質疑応答)

● 場所:文京区民センター 2A会議室 (東京都文京区本郷4-15-14)

 都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、

南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分

● 参加費:1000円  (事前申し込み不要)

● 主催 問い合わせ

国際歴史論戦研究所(iRICH) i-rich.org/

Mail  info@i-rich.org   Tel 03-6912-0047